44744887_1123616781136146_3193823610716291072_n

撮影主題:step3

44744887_1123616781136146_3193823610716291072_n

 

赤ちゃんは常に予測不能です。

さっきまでおもちゃで遊んでいたかと思えば、今度は違うおもちゃで遊び始めたり

座っていたかと思えば急に立ち上がって走り出したり

気の向くまま、大人のように考えすぎず自由に好きなように行動します。

 

赤ちゃんのそんな自由な瞬間を写真に収めるのは私たちの大事な役割です。

ただ、以前にも書いたように私の主題は『作りこんだ瞬間を捉える』なので

自由な瞬間を収めるのは被写体任せの写真です。

この写真ももちろん必要ですが、そのさらに一歩先に進んだ写真を撮ることが私の主題です。

 

赤ちゃんの予測できない動きを予測する。

というと大層なことのように思いますが、

自分がこう撮りたいという写真があり、そしてそれに必要なものを配置して

同じようなしぐさになるよう小物で誘導する、そして撮りたかった写真の瞬間が必然的に訪れます。

簡単ではないですが、イメージがあって追求すれば生まれる瞬間です。

 

今はそのイメージを収集し、どうしたら同じような写真を撮ることができるか

自分で考えたり、コーディネーターの意見をもらったりして撮影しています。

この写真の完成までにも、棚を配置する場所をどこにするか

背景はどこがいいか、いろんなことを相談して、実践して、変更して、の繰り返しでした。

 

この写真を撮って、

今回の自分の撮影主題にはコーディネーターとの連携もとても大切なのだと感じました。

イメージを共有し、考え、意見を出し合い撮影に入るという

とても理想的な形がこの主題によって再度構成されていくように思います。

この主題は、大きい子よりも赤ちゃんのほうが取り組むのは難しいですが

しばらくは引き続き赤ちゃんの撮影でこの主題に取り組んでいきます。

 

次はどんな写真を撮ろうか、今からわくわくしています。


3 comments

  1. やっさん より:

    「作り込んだ瞬間を捉える」ためには、記載されている通り元のイメージが必要かと思います。イメージがあってもその通りにいくことのほうが少ないくらいなので
    今回のような試みをすることで自分だけでなくコーディネーターにもイメージを伝えて、その写真が撮れるように誘導していくこと。この一連の流れがただスナップのように撮っていくこととの大きな違いだと思いました。
    イメージを決めていくことって難しいですよね。内田さんはどうやってイメージの収集をしていますかー?
    安田

  2. 美沙田中 より:

    どんな時もコーディネーターとの連携が大切ですね。
    読んでいて初心を忘れてはいけないなーと思いました。。

    決定的な一枚を作るために
    たくさんぶつかって、作っていきましょー!

  3. tsuchiya より:

    赤ちゃんは本当に予測不能ですよね。
    今笑ってたと思ったらすぐ泣いてたり、
    そこが可愛かったりしますが、、
    作り込んだ瞬間が出来た時の達成度は
    どのぐらいですか?
    次回も楽しみにしています!

コメントを残す