撮影は、「はじめまして」が多いです。
でもだからこそ、その、最初にお会いした瞬間に感じるインスピレーションのようなものを
とても、とても大切にしています。


この日は、マタニティフォト。

かわいくて可憐なママの空気感が
ちょうどタイミングよくノーブレムの花壇に咲いていたお花とよく似ていて
お花を小物に撮らせてもらいました。


それから
すらっと長身で、ずっとずっと笑顔のたえないやさしいパパ。

パパのあたたかな存在を
写真にどう詰め込むことができるかな、残せるかな、と
撮影中ずーっとそのことを考えていた気がします。


ママが羽織っている黒のジャケットは、パパの私服。
こんな形でパパを感じることのできる写真も。



マタニティフォトだからといって
お腹が写っていなくても
十月十日かけてママになっていく表情から伝わる想いがあります。

期待や、不安、ある種の決意とか、強さ、とか。


だからこれは、わたしが個人的に・・・なのですが
マタニティフォトを撮らせていただく中で
残したい1枚でもあります。


ママが寝転んだ途端、
私たちから見てもわかるほど
お腹が元気いっぱいポコポコ動いていました。


幸せで、ほっこりして、にぎやかで、
何とも言えない時間。

ありがとうございました。

幸せな一日となりました。

またお会いできますように・・・!!