最近、ノーブレムでもウェディング撮影のお客さまが増えました。

ありきたりな言葉になってしまうのですが・・・
おふたりの幸せを残すお手伝いをさせていただけることは本当にありがたく
そして私たちにとっても、心から幸せなことだと、いつも、何度だって思うのです。




わたしの実体験でもあるのですが
ウェディング撮影、というといつも以上に構えてしまって
写真はたしかに残したほうがいいと思うけど・・・
そういうの苦手だなあ・・・
そんな風に考えている方も多い気がします。

だけど(これもまた実体験でもあるのですが・・・)
やっぱり、年月を重ねて思うのは
ウェディングフォトを残しておいてよかった!ということです。


だから、こんなふうに

ニッコリ笑顔でばっちりカメラ目線、だけでなく
抜け感のある、肩の力を抜いたようなウェディング写真だったら
きっと撮られることが苦手な方でも大丈夫なんじゃないかな、と

恥ずかしさもちょっと軽くなるんじゃないかな、と。

何年後かに見直して「撮ってよかったなあ」と思っていただけるのではないかな、と。




ここ数年、ファッション業界でよく耳にするようになった
【エフォートレス=effortless】「どこか肩の力が抜けているのに、エレガントで、自分らしい」

とても好きなコトバです。
撮り手としてずっと前から変わらず大切にしていること・心がけている部分と重なってしっくりきます。

ウェディングフォトも、エフォートレスで、がおすすめです。

いつでもノーブレムでお待ちしています^^