七五三の後撮りについて

いつもご覧頂きありがとうございます。

本日は七五三の後撮りについて解説させて頂きます。

七五三のご祈祷は済ませたけど、まだ写真は撮っていないお客様は是非こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

後撮りは七五三のお参りが終わった後に、後日写真撮影だけをすることを指します。

12月から翌年の3月までの間に撮影される方が多いです。

七五三で後撮りする人はいるの?

七五三の写真を後撮りされる方はいます。

仕事のスケジュールがつかずドタバタして写真撮影ができなかった、まだ子供が着物に慣れていなかった、などなど、理由は様々ですが、お写真を後にされる方はいらっしゃいます。

メインとしてはお子様の成長を神社に祈願しにいくことですから、写真は後日にしても問題はないと思います。

とくに三歳の七五三を数え年でした場合は、なかなか着物を長く着ることができないので、三歳の誕生日になってから後撮りをされる方もたくさんいらっしゃいます。

七五三の後撮りができる時期は決まっているの?

スタジオノーブレムでは一年を通して撮影を行っているので、何月にでもご予約することができます。

フォトスタジオは10月~12月は繁忙期・シーズン期となるので、なかなか予約も取りづらかったりするので、時期を少しずらして余裕をもって撮影することもおすすです。

前述したように数え年の七五三のお子様の後撮りは、誕生日月、もしくは誕生日を過ぎてからの予約が安心です。

七五三の前撮りと後撮りで違いはあるの?

フォトスタジオによっては前撮りと後撮りで料金プランやパック内容が違うところもありますが、ノーブレムは前撮りでも後撮りでも特に料金が変わることはありません。

後撮りすることのメリットはある?

時期をずらす後撮りにもメリットがあります。

混雑していない

前述したようにシーズン期を過ぎるので比較的予約が取りやすくなります。

誕生日に合わせて撮影できる

誕生日に合わせて写真撮影ができるので、七五三のご記念の写真も撮影して、誕生日のバースデーフォトとして撮影することもできます。

ノーブレムではお子様の人数にもよりますが、七五三のお着物以外にも違う衣装を着て写真撮影をすることができます。

カジュアルな服~フォーマル服まであるので、着物意以外の写真撮影も是非楽しんでみてください。

おわりに

ご家族様によってご祈祷には行けたけど写真撮影がまだ終わっていというパターンも多いと思います。

写真撮影は一年を通して行われていますし、後撮りのメリットもございます。

撮り逃してしまったと思われている方は、七五三の後撮りを検討してみてくださいね♪


【七五三写真についての関連記事】
七五三は写真だけでもいい?必要な準備は?
七五三写真で後悔・失敗しないためのチェックポイント!
フォトスタジオはおしゃれな愛知県のこども写真館ノーブレムへ!おすすめの撮影メニューを紹介!
2022年七五三写真撮影はどうする?新作着物も事前にチェック!!
七五三写真でおすすめポーズ10選!自然体な撮り方は?
七五三の写真撮影!おしゃれなフォトスタジオのチェックポイント10!
七五三写真撮影は名古屋のおしゃれな前撮りがおすすめ!
七五三家族写真は着物で素敵に残しましょう!
七五三写真の衣装は何を着る?おしゃれに変身して楽しもう‼
七五三の思い出の写真はアルバムに!形の残す意味とは?
七五三写真におススメの小物は何がある?オリジナルの一枚を撮影しよう!
七五三写真は安い?相場を徹底解説!
七五三写真はいつ撮影する?由来や豆知識などを徹底解説!
熱田神宮の七五三・宮参り、祈祷までの流れ完全解説!



【店舗一覧】

スタジオノーブレム千種店

住所:〒464-0027 愛知県名古屋市千種区新池町4-59ホーメスト東山1F
TEL:052-753-4948
https://www.noblem.jp/studio/chikusa/

友だち追加

スタジオノーブレム高岳・泉店

住所:〒461-0001 愛知県名古屋市東区泉2丁目28-24東和高岳ビル502
TEL:052-325-7790
https://www.noblem.jp/studio/takaoka/

友だち追加

スタジオノーブレム東山店

住所:〒464-0807 愛知県名古屋市千種区東山通4-5
TEL:052-781-0480
https://www.noblem.jp/studio/higashiyama/

友だち追加


【キャンセル情報】

スタジオノーブレムのキャンセル情報はこちらのLINEで配信しています。

友だち追加


愛知県名古屋市・豊田市・岡崎市・一宮市・春日井市・長久手市・犬山市・小牧市・清須市・あま市・稲沢市・津島市・愛西市・大府市・豊明市・刈谷市・知多市・常滑市・半田市・碧南市・安城市・蒲郡市・西尾市・田原市・豊橋市、三重県、岐阜県など東海エリアの各方面からお越し頂いております。